宇多田ファンによるアムログ

宇多田ファンだけど結局安室ちゃんについて考えたり調べたりしたことを記録する羽目になった

【音漏れ】2018年6月3日Final tour Finallyファイナル

私は5月6日の東京ドーム公演を最後にチケットは取れていない。6月3日は一応空けており、また9月16日に引退ライブをする確証が得られていないという不安にも背中を押されて、東京ドームに足を運ぶことにした。

 

初対面の方、おまいつ勢、Twitter上で出会った人たちと22ゲート付近で写真を撮ったりした。わりとこう~を連発する安室ちゃんのポーズ、NHKのスタジオでティッシュを求める安室ちゃんのポーズなどしょーもないやつもたくさん撮った。


年齢も住む場所もバラバラな人たちが立場関係なくコアな情熱をシェアしあえる、SNSの発達には本当に感謝している。

 

コアな情熱は思いっきりシェアするが、お互いの私生活には干渉しないというさっぱりした関係性も結構好きだ。その人の発する言葉が好き、という気持ちで繋がったこの関係は案外、わりと純粋なものではないかと思っている。


幸運にも6月3日千秋楽のチケットを手に入れた人は、開演18時が近くなると徐々に入場していく。私の安室愛も託す気持ちで、楽しんでね!と手を振っていれば自分たちの周りからどんどん人が減っていった。


とはいえ、開演時間が過ぎて入場列が消えてもドームの敷地内には大勢の人がいる。さっきまで写真を撮っていたメンツも半分くらいは場外組だ。

安室ちゃんが見えなくてもこの場にいたい、そう思っている人たちが何千人ここに集まっているのだろう…たまたま夕暮れ時だったのも無駄に気分を盛り上げてきて、かなりこみ上げた。

 

歓声とHeroが聞こえてくる。私はドームから道路を挟んで反対側のラクーアの通路にいた。ドームの屋根を貫通した音が結構よく聞こえる穴場スポットだ。

 

目の前を、平然と人が横切っていくのがなんだか不思議だった。イヤホンをしたまま歩いていく人もいる。公共施設の通路だから当たり前なのだが、今この瞬間、数百m先で安室奈美恵が歌っているのに、最後かもしれないのに、この人はなぜ通常通りでいられるのか?というのがオタクの偽らざる感想である。

 

ちなみに私の直上には後楽園ゆうえんちのジェットコースターのレールが通っており、ライブ中も幾度となくコースターが駆け降りる轟音・キャーという歓声が聞こえた。この状況で、ジェットコースターに乗っていられる人間の精神構造とは…?(????)

 

そういえば開演前は、競馬?を観終わったじいさんたちも安室奈美恵のファイナルライブがあるなんて知らないままドームの敷地内を通り過ぎていった。

 

東京のど真ん中、安室奈美恵を生きる支えにしてきたファン達と、全く興味のない人たちという対局の存在が、同じ場所に入り混じっているのは奇妙な感覚だった。

 

そんなファンの中にもいろいろな過ごし方をしている人がいる。

とにかくドームに近づき音をじっくり聴く人たち。普段のライブと同じように、でも控えめに、ノリノリで騒ぐ人たち。コンサートの座席より広いスペースを存分に楽しんで振りコピをする人たち。ファン仲間と最後かもしれない挨拶を交わす人たち。スタバやお酒を飲みながらゆっくり見守る人たち。

 

私はぼーっと聴きながら、グッズ(トランプ)を買いに行ったりフォロワーさんに会いに行ったりとかなり伸び伸びと動いていた。


熟女ブロック、ピンクブロック、黄色ブロックと容赦なくライブは進んでいく。

セットリストがある程度頭に入っていることもあり、結構歌を聴きとれる。You're my sunshineのYO!もタイミングを合わせて声を(控えめに)出すことが出来た。傍から見れば訳のわからない集団だ。ほんとこんなことする日、これからの人生で絶対訪れないだろう。

 

最終ブロックの幕開け、Body Feels Exitが聞こえてくるといよいよ寂しさに拍車がかかる。chaseの全力疾走も、Fighterのゾクゾクするイントロも、In twoのストイックなかっこよさも全部脳内再生できる。

今ドームの中にいる人たちの興奮が、自分のもののように感じられる。

 

Do it for loveのクライマックスも、I♡FANワッペンで再現しながら(笑)盛り上がることが出来た。

笑った荒ぶった。

本編終わり。

 

 

そしてすぐさま場外で始まる奈美恵コール…私たちは場外組密集地から少し離れたところにいたが、おもわず奈美恵コール中心地(25ゲート~歩道橋)が見えるところまで移動した。数千人が、壁の向こうの安室ちゃんに向かって叫んでいる。

smmrさんが「今伝説を見ている」と呟いていたけど、本当にその通りだ。こんな現象、今までにあったんだろうか。これから起こることあるんだろうか。

 

Hopeが始まったことがわかる。わりとこう、絆を強調する曲であり、奈美恵コールでの一体感と相まって、涙が出てきてしまった。


FinallyもHow do you feel now?もあっという間に終わってしまった。

曲終わりの歓声が途切れて、また歓声が聞こえてくる。安室ちゃんが最後のMCをしているのだろう。安室ちゃんの声は聞こえないが、安室ちゃんのことだからきっと他の公演と同じ内容を話しているんだろう。

「最後は笑顔で!バイバーーーイ!!」だけが聞こえた。

 

 
f:id:ricky_au:20180606231945j:image

 

 

この後めちゃくちゃ安室奈の女たちとドーム横のHUBで飲んだ。