読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇多田ファンによるアムログ(仮)

宇多田さんと安室さん以外のこともわりと書きます。ただの20代会社員のエンタメログ

2時間ノンストップの疾走感がすごい、フェアリーズ / Synchronized~シンクロ~@ZEPP TOKYO

フェアリーズ

フェアリーズの2017年初ライブ、そして推しメンみりあが脱退して初のワンマン

Synchronized~シンクロ~@ZEPP TOKYO

に行ってきましたまとめ。2月19日のライブの感想を遅ればせながらアップ!

f:id:ricky_au:20170304165506j:plain

 

まとまった感想からいうと、 

去年のThe Answerがベクトルの向き・これからの方向性を示したライブだとすれば、Synchronizedはそのベクトルの大きさ・推進力を見せてくれたライブだったと思います。

 

「歌って踊る」という、他アーがやれそうでやれてないことを、フェアリーズなら真正面からできます!というのがビンビン伝わってきてよかった…

 

フェアリーズ全員ダンススキル激高なのはわかってる中で、ボーカルや表情なども含めた表現力も成長していて感動。

 

■ボーカルの成長

まずびっくりしたのはみきみきのボーカルの安定感。

ちょっと前まではハラハラしながら見守ってたんですけど(笑)、今回は相思相愛☆Destinition「抱いて~抱いて~♪」もバッチリでした。

 

全員がボーカルをちゃんとこなせるので、体力温存しながらパフォできるのも大きいんでしょうね。

 

空と理香子、メインボーカルはそこまでやらないけどちゃっかりボーカルスキル高いんだよな~。理香子はハモリもめちゃ優秀だし…(理香子の声質だいすきマン)

 

 

■表情

萌々香の表情はいちいち完璧すぎて惚れ惚れします。振り返るときのキメ顔ドヤ顔、いちいちイケメンすぎてガチ恋女子が出ないか心配。

 

…いや、席そんなに近くなかったのでそこまで表情見えたわけじゃないんですけど(笑)なんかこう、身のこなしとかさ…!スター性がすごい。

フェアリーズはみんなすごいからみんな目立ってほしいし、エグい人気格差はいやなんですが、萌々香はセンターになるべくしてセンター、という感じがします。

 

そして実生ちゃん・真尋は楽しそうに踊ってるのがたいへんよい。

 

実生ちゃんあんなにフワフワしてる(ほめてる)のに、バキバキ踊って、しかも笑いながら!っていうのにグッときちゃいますね…

 

真尋は自分で「チャームポイントは笑顔です!」て言ってますが、毎回なるほど笑顔だわ…って納得させられてしまう。チョロい。

どちらかというとぶりっ子系(ほめてる)でキャピキャピしてる真尋がハードに踊ってるときに見せる笑顔がすんごい好き。

 

ていうか、真尋!

 

さっきリリイベ握手会に行ってきたんですけど、

私「こないだのライブめっちゃよかったです~」

みたいなことモゴモゴ言ってたら

真尋「ありがと~!」

  「あ!髪こんなに濡れてるよ~!雨の中来てくれてありがと~(うろ覚え)」

つって真尋に髪の水滴を拭われてしまったんですけど!

 

やば???ほんと小悪魔… 

 

■やっぱりダンス中心、とにかく運動量がすごい&疾走感

バラードコーナーとかがほとんどなくて踊りっぱなしだったのもよかった。

まあ昔からそういう傾向はあったんですけど、The Answerで決定的になった方針をそのまま引き継いでる感じですね。そのままいってほしい!

 

こんだけ顔面偏差値高いのに、それに頼らずストイックに踊れるのは本当にすごい武器…

 

大知先輩も踊りまくりますがけっこう緩急付けてるのに対して、フェアリーズってずっと8割くらいのテンションを保ちながら踊り続けるんですよね。体育会系。若さ。

そうやって爽やかな曲調で踊りまくる + オタとの掛け合いで2時間ずっと疾走感を得られました。

 

あと毎回思うんですけど、BLING BLING MY LOVEというハイレベルな楽曲で、女性ファンもドルオタ勢も同じように大盛り上がりするのが個人的にうれしいですね。フェアリーズの真髄はBBMLにあると思ってる派。

   

 ■みりあに関して一言もない

私はみりあ好きなので、ところどころ彼女の不在を感じては悲しくなってたんですが、でも今思えばノーコメントは逆によかったですね。

ライブタイトルにもなってるSynchronizedの歌詞にいろいろ託しているんですよね。

サイレンスは言葉よりも饒舌…意味ある別々の歳月…

 

感傷的になることなく(少なくともステージ上では)、前向きに5人で進んでいく姿に安心。

f:id:ricky_au:20170304165458j:plain

 

 

 

 新曲の the Fairytale からもとてもメンバーの強い意志を感じました。

とにかくこれからも応援したい!と思わせてくれるよいライブでした。

 

 

セットリスト: 

セットリストを編集する

 
 
MC
 
 
 
 
DANCE CORNER
 
 
 
 
 
 
MC
 
 
 
アンコール:
 
 
 

 

 

http://www.livefans.jp/events/748994

 

捗る!オタ活グッズ

安室奈美恵 Perfume

オタクレベルで安室ファンになってから早7年。

先日友達を部屋に呼んだら、ポスターやらスクラップファイルやらで我ながら気持ち悪い部屋だなと気づいてしまい、でもこのグッズ本当に役立つんだよね…としみいってしまい、愛用オタグッズ振り返ってみたまとめ。

 

■オタク基本中の基本:双眼鏡

f:id:ricky_au:20170218185613j:plain

モニターのないホールツアーでは特に重宝します。ライブ以外にもスポーツ観戦などで使えてよい。旅行に持ってってもいいかも。この機種は4000円くらいだったかしら?アリーナレベルなら表情くらいは見えます。

 

なお、双眼鏡の使い方に関してはさまざまな派閥が存在しますが、私は最前ブロックなどの至近距離でもさらに双眼鏡で覗く派です。毛先や汗までバッチリ見えてああ…かしゆか様のおみぐし…とうっとりしますが友人に引かれます。

さらにモニターを双眼鏡で見る派もいる模様。この曲のこの部分は双眼鏡、ここは生、と使い分ける百戦錬磨オタもたくさんいますね。

 

■ポスターファイル

f:id:ricky_au:20170218175719j:plain

 

いい写真がなかったですが、こんな懐かしいポスターもキレイに保存。

丸めて置いておくのって折れちゃいそうで不安だし、場所も取るし、結局持ってるだけで改めて見る機会もあまりなくないですか?

 

ファイル形式なら

・保護性バッチリ

・部屋の片隅に立てかけておけば案外場所も取らない

・気軽に引っ張り出して眺められる(←重要)

 

タワレコオンラインやアマゾンなどで3000円程度。たかだかクリアファイルにしてはちょっとお高いですが、私は払う価値あり!と思って現在2冊目です。

 

■雑誌切り抜き保存

とにかく雑誌に載りまくる安室ちゃん。下手すりゃ年に10冊も20冊も表紙を飾る彼女ですが、ファンにとってその保存方法は死活問題。

もちろん切り抜いてファイリングするんですが、普通のA4ファイルだとなんか上手く入らなくないですか?

 

そんなときにはこれ!

無印良品A4ワイドファイル

f:id:ricky_au:20170218185620j:plain

普通のA4ファイルだとちょっぴり雑誌ページの端っこを切らないと入らないんですが、A4ワイド様はちがう…f:id:ricky_au:20170218182746j:plain

ページ丸ごと余裕!その上ポケットのスペース(この写真でいうと真ん中)がちょっと余るという包容力。

この余りスペース、めくりやすさを求めるうえでけっこう重要なんですよね…

上の写真のように見開きページが分断されちゃいますが、最悪寄せてあげればノープロブレム(?)。

f:id:ricky_au:20170218175656j:plain

f:id:ricky_au:20170218182254j:plain

たまたま見かけたPerfumeの広告も気軽にファイリングしちゃう。

 

f:id:ricky_au:20170218182259j:plain

ファイルに保存されてるというだけでコレクター気分が高まりますね。

無印にて500~600円くらいだったかな。

 

 

■チケット・特典保存用

遠征やら購入特典やらでチケットやポストカードが集まりがちなオタク生活。

旅の思い出、ライブの思い出、キレイに保存したいけどみんなサイズが違ってめんどくさい!そんなとき便利なのがこちら、

無印良品 写真用ファイルさん(正式名称忘れた)。

これも600円くらいだったかな?

f:id:ricky_au:20170218190742j:plain

ただのポストカードファイルじゃないんです、

f:id:ricky_au:20170218184651j:plain

左ページのように小ポケット×2でも使えるし、右ページのように大ポケット×1にも使えるのが秀逸なんですよね~(ポケットの中央両端にだけ区切りがある)

たいへん汚い写真ですみませんが、でもこんな風にゴリゴリ無造作に突っ込めるのがガサツなオタクにも向いています。私はライブチケットから小さいフライヤーから飛行機チケットからポストカードから何でもかんでも入れております。たいていのもんは入る。

 

f:id:ricky_au:20170218175702j:plain

なお最後のページはこれ()

 

 

 ■番外編1:写真をプリントする

歌手やアイドルを追っかけてるとスマホ内に写真が貯まりがち。それを実際にプリントしてみるとなんかめっちゃ高まることに気づきました。

f:id:ricky_au:20170218175721j:plain

(※なんとなく肖像権に配慮)

営利目的じゃないのでライブ会場にいるイケない写真屋さんよりは健全!w

 

この時代にあえてのこれ。

お部屋に飾るなり手帳に挟むなりして楽しんでみてはいかがでしょうか

 

 

■番外編2:レトロな古本屋に入ってみる

先日、本当にフラッと入った古本屋で見つけてしまった。

f:id:ricky_au:20170218200138j:plain

まさかこの雑誌も90年代生まれの私に買われるなんて思ってもみなかったでしょうね

f:id:ricky_au:20170218175717j:plain

たいへん味があってよかったです

 

 

■番外編3:フチ子の置き場所が迷子

2015年の名グッズ、安室フチ子さん。出来に関してはたいへん満足してるんですが、フルコンプに至るまで13体集めてしまったので飾り方に苦労しています。

あいつらフチ子というわりにコップのフチに案外引っかからないんだよな…

 

進撃の巨人ごっこしたり、

f:id:ricky_au:20170218175715j:plain

 

こいつの上めっちゃ安定するじゃん!と発見したり、

f:id:ricky_au:20170218175712j:plain

 

試行錯誤の末、100均のワイヤーラックの上に置いているんですけど

f:id:ricky_au:20170218175651j:plain

いまいちキマらないんだよな~

 

いい感じのディスプレイ方法求む。

とりあえずジェネラリストになりたい

個人的なこと

仕事(IT系)にて、とにかく知識のなさを実感する日々です。

 

まぁ10歳~20歳離れたおじさんたちの中にぶっこまれた新入社員(情報系専攻でもない)なので仕方ないっちゃ仕方ないんですけど、それにしてもいろいろ迷惑をかけてしまって申し訳ないことしきり。

 

というような直近の仕事をスムーズにこなすための知識ももちろん必要だけど、それ以上に日進月歩のこの業界でやっていくための長期的な勉強もやらないといけない…

 

前者はともかく後者はどこから手をつけていいのかわからず、「どこがわからないのかわからない」状態。

 

で、とりあえずIT業界における知識の種類にはどんなものがあるか、を調べるところから始めないといけない…という結論に達しました。

 

・会社員として知らないといけなさそうなこと

会社とは何ぞや・政治・経済動向・マナー的なもの・多少の英語  etc.

 

・この業界の人間として知らないといけなさそうなこと

各PG言語の特徴など・フレームワーク・技術トレンド etc.

 

・この部署の人間として知らないといけなさそうなこと

取引先のビジネスについて・取引先の人間について・部署内での役割分担・人間関係  etc.

 

とりあえず、この単語知ってる!というのを増やす、どのカテゴリに入るのかがわかるようになる、というところが目標…

 

こういうときはwebより書籍の方がよいなあと思う。

(webはピンポイントすぎる / 書籍はとりあえずクラシックで無難な知識が載っている、その知識が目次などでマッピングされている、その書籍自体も誰に向けて書かれたかはっきりしていることが多い)

 

とりあえず全体の地図がうすらぼんやりでも見えてから深く突っ込もうと思います。

タテヨコナナメのライブスタイル@LIVESTYLE2011

安室奈美恵

昔から安室ちゃんのLIVESTYLE2011が大好きなんですけど、なんでだろう?とライブ映像を眺めていた結果、現在のライブスタイルの先駆けっぽいところがどうやら私的に胸熱らしいです。

具体的にどういうことかというと、まず

 

①セットがめっちゃ動く

「宝塚と安室奈美恵は階段の降り方がプロ」っていうことを知り合いのおねえさんが言っていたんですが、アムライブ=階段といっても過言ではないくらい階段は重要。(個人的な意見)

そしてこのセット(階段)がまーー変わる変わる、階段がナナメったり正面向いたり消えちゃったりと、今までになく動きまくったのがLS2011。

 

これを可能にしたのが

②バンドレス

 であり、セットや階段が動き回ることによって

 

ダンスフォーメーションで魅せる

こともできたわけです。make it happenなんかその最たるものかと…あのナナメにトゥルルーンみたいな感じ???よくないですか???(わかって)

 

 NAKEDなどでは横一列に並んでるのが案外めちゃくちゃかっこいいし、ワラフィやUNUSUALなどではダンサーズ従えて手前に歩んでくる奈美恵様たまらんし、最終ブロックでは左右前後+上下で迫ってくる熱量がすごいし。

 

WonderWomanでは逆に、シンプルに熱唱する感じもよいです。「がらんどう」とはこのこと。アリーナという空間の大きさや形を感じます。

 

つまりLIVESTYLE2011って、アリーナ空間の縦×横×奥行をすごく上手に使ってるんだと気づきました。①~③は、実はすごく重要なのでは…?

 

ちなみに2011以降のツアーでも、NAKEDは横一列だし、最終ブロックは必ず高さのあるセット。(←特にLIVEGENICやFEELツアーでは、下から上に昇っていくイメージを強調している@最終ブロック)

 

 

さらにちなみに他のアーティストだと、大知は安室ちゃん以上にそれを気にしてそう。

歌いながらセットの間ジャンプしまくり、挙句の果てにトランポリン始める人なので(笑)、空間を存分に使ってやる!という意気込みはめっちゃありそうです。コミカルになりがちだけども笑

Perfumeはびっくりするくらい広く動くけど、案外平面的だよね。(だがそれがいい

 

 

あとLIVESTYLE2011の他の好きなところは

・歓声浴びるとニヤニヤが隠しきれない安室ちゃん

・赤衣装が似合いすぎる安室ちゃん

・終盤になってどんどんイキイキしてくる安室ちゃん

などです。

 

とにかく偉大()なツアーなのでみんなもみようよLS11

16卒が就活について考えていたこと

個人的なこと

身内が就活に苦労していたみたいなんですが、それを機にちょっと自分の就活について振り返ってみた。人生のイベントの一つなので・・・

 

・就活中の就活生が考えてること=だいたい入社後に壊れる幻想

 

・「農学部だから○○業界」という考えの浅はかさ

 (工学系は特別かも)

 

・ニーズ>>>シーズ

 (「自分は〇〇が好き、〇〇が得意」ということよりも世の中の需要の方が大事)

 (せっかく〇〇を勉強したんだから…という過去の成果に固執するより未来を向いた方がよい)

 

・新人採用担当者=企業の顔、ではない

 (新卒担当者なんて顔と人当たりが良い人を選抜しているに決まってる)

 

・ガッチガチのリクスーでなければならない、、ということもない

 (就活ビジネスにのせられすぎることはない)

 (私はうっすらストライプのスーツで参戦した)

 

・やりたい仕事なんてだいたい出来ない

 (どうしてもいやな仕事・少しも興味の持てない仕事は避ける)

 (実際に自分がやる仕事内容は配属までわからない)

 

・書類が通れば学歴はそんなに関係ない

 (私がぶっちゃけ高学歴なのでそう思えるだけかもしれない)

 

・「考える」より「調べる」

 (考えてもだいたい結論は出ない)

 

・他人に頼ってナンボ

 (友達の多さ・気軽に頼れるかどうかは大事)

 

・自己分析では親も頼っていいかも

・業界分析では親を頼ってもしょうがない

 

進捗管理は絶対行う

 (エクセル大活用)

 (スマホも大活用)

 

・話し方>>>>話す内容

 (平凡な学生の話すことなんて社会人から見ればくそみたいなもん)

 (そこそこのリア充っぽさを醸し出すのも大切)

 

・黙っちゃうよりはバカな内容でもしゃべった方がいい

 

 

という就活の感想を見て将来の私はどう思うかな

三浦大知(RE)PLAY FINALは歴史に残る一夜でした

三浦大知

三浦大知代々木回のツイートまとめ

 

 

2010年には代々木第一体育館の隣のSHIBUYA-AXでやってた彼。当時は全国ツアーをやる保証もなかったのでわざわざ名古屋から見に行ったのがファンになった始まり。(なんと最前どまんなかだった)

 

2日経った今でも余韻がすごい。J-POP界の夜明けがくるぞ

「この世界の片隅に」は生活映画って感じだった

映画

この世界の片隅に」を観てきました。

素晴らしかった…(のんの演技、コトリンゴの音楽、作画、原作の忠実さなど)

私の祖母が大正15年生まれでまさにすずさんと同世代だと思うのですが、もっと当時の話たくさん聞いておけばよかったなあ…と思います。

 

movies.yahoo.co.jp

 

 

この映画、戦争の悲惨さを描いた正統派としての側面はもちろんあるんですが、戦争映画としてではない要素も大きいな~という感想を抱いたのでちょっと拾ってみました。

 

・ギャグが普通に笑える

すずさんのドジっ子によって巻き起こる数々の小さいハプニングがなかなか面白くて、映画館もそこそこ沸いてました。

 

・家事の描写がリアル

いろいろな場所でも言われていますが、こういった描写の積み重ねで生活感を醸し出してくれるので、すずさんが身近。あとしっかり時代考証をやってるんだなという骨太さも感じられてよかった。

 

・すずさんと男性陣との夜の絡み()がそこそこ生々しい

周作さんとの初夜や水原さんとの離れでのシーン、この絵柄・作風の作品にしては意外でした。でもそれに変な違和感を覚えるというよりは一人の女性の人生ドラマを丁寧に描いているんだなという印象。だってすずさんの年齢の女性なら、男性とのああいう関係性ってそれなりに大きな出来事ですもんね。

この世界の片隅に」というタイトルもすずさんと周作さんの会話に出てくる、戦争がどうこうというよりは夫婦愛を感じるセリフですし。

 

・嫁いだことへの不安

すずさんの北条家での生活、まぁ義姉がちょっとキツいとはいえそれなりに充実してそうなんだけど、実家に帰ったときの安心感や知らない土地での不安が垣間見えてわかるぅ~~!!という気持ちになりました(※嫁いだことない

 

この世界の片隅に」はあくまですずさんの生活者としての人生を丁寧に追いかけたものであって、別に「戦争」を中心に見つめようとはしてないんですよね。

 

一人の典型的な女性の、仕事、恋愛、家族、などなどをまったくフラットに描いているだけなのに、どうしても視界に入ってきてしまうのが戦争というファクターなんでしょう。

現代日本人の生活をリアルに描くためにスマホ描写がどうしても入ってきちゃうのと同じ…みたいな。不可避というか。

 

そこで描かれる「戦争」要素に必ずしも悲壮感があるわけじゃなく、なんなら皆で協力しあって生きていけるこの時代も悪くなさそう…?と一瞬思ってしまいました。

 

でもところどころ挟まる「○○年×月」といったキャプションでどうしても原爆投下日を意識してしまうし、はるみさんの件でそんな日常は吹き飛んでしまうわけですが…。

普段の生活の描写が私たちにとっても身近な分、いきなり猛威を振るっていく怖さがありました。

 

でも絶望に打ちひしがれて終わるわけでもなく、すずさんにもう一回会いたいな~という気持ちにさせてくれる映画でした。もっかい観たい。